2017年6月18日日曜日

メッセージ

メッセージ受信メッセージ送信メッセージ受信、、、、



メッセージなんなんだコノヤロー!!!!


と心が叫んでいるべんです(^0^)
























SNSが発達して、メッセージでのやりとりが増えて

僕はスマホやPCが得意ではないので

メッセージはものすごく疲れます。

時に一つ返すのに1時間かけるときもあります。



そしてお店をやっています。

個人でやっているので、

実は営業していない時間もやる事があります。



そんな中で、お店の時もそうでない時も昼夜問わずに

「つなぎ屋」に関するメッセージが常に来ます。


プライベートの時も常にです。


メッセンジャーが常にピロピロいっています。




【例】


・お店にいっていいですか?

 →「いいに決まってます。その質問の意図はなんなのでしょうか?」



・今日は開いてますか?

 →「FBのページしか情報発信がありませんが、
   そのページで営業してるかをを見てみてください。
   お願いしますm(-。-)m」
   


・イベント、その他のお話

 →「まずは必ず対面でお話していただいてます。
   なのでまず会いに、お話しに、来て下さい。
   お互いにどんな人かわからないと、僕は心が動きません。
   そして、ただ場所代を頂いてお貸しするというやり方ではないので
   関係性をつくって、想いをやりとりして、そこから進めてくださるようお願いします。
   そうすることで、きっとたくさんの良い事や学びがあります。
   食品で例えるならば、インスタント食品ではなく、発酵食品スタイルです。」
  



大体、こんな感じのやりとりを日々無数にやってます。





もちろんすべてがこうではありません。




一人ひとり距離感が違うので

距離感を考え、自分の言葉も気持ちも違います。


しかし、そんな事は残念ながらメールでは伝わりません。




言葉がなくても伝わるもんは伝わる

















今書いているこの文字達も、異言語の人から見たら、ただの意味不明な文字です。

しかし言葉は違えど、対面であれば言葉の壁は越えて感情や想いは伝わります。



感情・表情・声色・間・テンション・その他見えない要素やetc...

様々なものをキャッチして人間はコミュニケートしています。

だからこそ、自分はそこに本当のものを感じ取ろうとします。



それが全然見えないメッセージという便利な方法。

とてもありがたいし、無いと困る生き方を僕はしているけど

本当に心を重ねるには「温度」が必要だと、べんは思う。






地震がきた…災害が起こった…ネットが遮断された…

そういった困難な状況が訪れたら会えなくなる、

のなら、べんは残念です。




つなぎ屋はあなたの「FB友達」を増やしたいわけではない。

「普通に友達」に出逢ってほしい

のです。



















「地震」と書いたから、その話でいくと、



地震によって困難な状況が訪れたとしても、

現実的に会えて・共に信頼しあえる関係性。


直面してしまったその困難な状況から

「自分達で助け合いのネットワークを生み出していけるつながり」

にまで、潜在的な関係を成長させていってほしいのです。



「つなぎ屋さんで出会う人はみんな良い人ばかり」という

お言葉を頂ける事がありますが、


災害に遭った時に周りがどんな人かわからない中で

「つなぎ屋で前に一度出逢った人」をもし見つけたら

それを介して助け合える関係が生まれてくれたら

ありがたいなと思ったり。



「つなぎ屋」という言葉が

誰かの助け合いの共通言語に

なったくれたら嬉しいなと


心の奥では秘かに想ったりしてます。


ちっちゃい範囲かもしれないけど

結構本気でこういう事を考えています。











きっと


べんが嘘をついたり、ごまかしたりしてたら

そうはならないし・今もなっていないと思うのです。




やっぱりつなぎ屋は「ビジネス」ではないのです。

「商売」かもしれないけど、

やっぱりつなぎ屋はそれだけではないのです。




むしろ、それだけだったなら、

こんな商売下手な店主べんがやってるこのお店は

とうに潰れていたかもしれません。



つなぎ屋の場所で以前あった2軒の飲食店は

どちらも1年前後で撤退したそうです。




その場所で経営ド素人から始めたべんがもうすぐ2年までできている理由は

やはり「単なる商売ではない」からだと思います。

だから、支えてくださる方がいます。

本当に感謝しています。




商売とかお金とかじゃなく(いや、ほんとにお金は心底大事なんだけど)


ほんとに心に届いてほしいものがある





お金に換算できないものいっぱい創りたい





誰かの命が回りだすきっかけ





なりたい。




まじだよ。

本気と書いて

まじだよ。



いっぱい経営の事で悩む。

その度にどうしたらいいか考える。

お店の経営者として頑張ってる。



でも、べんがやりたい事は本当はそこじゃない。





あなたにとって幸せな生き方を一緒に見つけること。



そのステップとしてもしこの場が必要なら、この場を提供する事。



それを多くの人と積み重ねていく中で

「本当に大切な出逢い」

を創りだす事。(べんが創るわけじゃないんだけどね)



だからその為に、お店の事を、がんばる。




「命を」「使う」と書いて「使命」。


今のべんの使命はそれ。


命を使ってる。


ほんとにそう思ってる。


いや、命を使わせてもらってる。



















つなぎ屋で出逢ってくれた20代の子達が

仲良くなってお互いのやりたい事を応援しあっている。



先日、その姿が嬉しすぎて泣いていた。



車の中で、涙が止まらなくて

店に来ても止まらなくて

その子達に直接ありがとうって泣きながら伝えた。



その子達がべんの想いを叶えてくれてる。

べんがしている事を、形にして見せてくれてる。



そういう人がいてくれるおかげで、

べんはまた進める。自分を信じて進める。




命を使う甲斐がある。


命を使わせてもらってる。


おかげさまで命を使わせてもらってる。


この生き方は無駄じゃない。


ありがたい。


本当に

本当に

ありがたい。


ありがとう。


ありがとう。




そう感じて、嬉しすぎて、ありがたすぎて、

泣いていた。




命を使わせてくれて

どうもありがとう。



最近泣くことが多いなぁ。


ありがたいなぁ。


泣かせてくださるみなさん、どうもありがとうございます。




















こんなやつなので、

対面で話したいのです。



あなたの声と心を

しっかりキャッチしたいのです。



メッセージじゃ

文字だけじゃ

あなたの本当の心が

わかりません。


べんは、こういうやつです。




なので、話にきてくださいね◎



そして、

今日も生かしてくれて

どうもありがとうございますm(●^0^●)m

0 件のコメント:

コメントを投稿